×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



スターバックスのマグカップ持参割引。マイタンブラーやマイマグカップで20円引き!

スターバックスのマグカップ持参割引はカフェの常識をすっかり変えましたね。アメリカ・シアトルで生まれたスターバックス(通称スタバ)が、日本に初上陸したのは1996年。コーヒーの美味しさ、特にエスプレッソの味わいはもちろん、スターバックス独特の注文スタイルやおしゃれな雰囲気、スターバックス店内の完全禁煙制やオープンテラスの導入、充実したフードメニューなどで人気を集め、スターバックスコーヒーが日本にカフェブームをもたらしたとも言われています。当初はスターバックスの複雑?な注文スタイルに戸惑う人も多く、「えー?禁煙?」という声も。でもそれまでのセルフスタイルのお店だと、タバコの煙でモクモク状態だったりしたので、嫌煙派の皆様にはスターバックスは絶大に支持されたようです。さらにスターバックス店内のBGM使用曲のCDを発売したり、スターバックスのマグカップ持参割引。マイタンブラーやマイマグカップを持参するとすべてのドリンクが20円引きになる消費者にも嬉しいエコなサービスなど、スターバックスコーヒーは単なるカフェというよりは新しい価値観や文化の発信基地でもあると言えます。



スターバックス用のマグカップをお捜しのお方はこちら

気になる商品情報を検索


[ナイスな情報]

スターバックスのマグカップ持参割引。初めは誰もがドギマギ。

スターバックスのマグカップ持参割引に限らず、もう随分前のことですが、スターバックスコーヒー未経験のおじさんがひとりでお店に行き、指示されたものを買ってくるという「初めてのお使い〜おじさんスタバ編」みたいなのを何かの番組で見ました。ふつうなら「ブレンド、ホットで」と言えば何の問題もなくコーヒーにありつけるのに、ここスターバックスコーヒーでは勝手が違い汗だくでオロオロするおじさんの姿が気の毒やら可笑しいやら・・。でも忘れているだけで、そう言えば初めてスターバックスコーヒーに行った時って若者だってちょっと面食らってドギマギしましたよね?サイズだってM・Lとかじゃなく、4種類もあって呼び方も「グ、グランデ?ベンティ?って・・何?」状態でしたもの。そしてふぅやれやれとする間もなく、スターバックスコーヒー今度は『カスタマイズ』。今となってみればミルクの種類や温度、キャラメルソースの追加等の注文ができるのは嬉しいサービスですが、当初は???の連続。だからスターバックスコーヒーでスターバックスのマグカップ持参割引などの注文に手間取っている人を見たら温かい目で見守ってあげましょうね。私はもちろんオリジナルマイタンブラーで20円安くエコにも優しくスターバックスコーヒーを楽しんでいますよ、

水出しアイスコーヒーなどお取り寄せコーヒーをお捜しのお方はこちら

初めてのスターバックスのマグカップ持参割引もこれで大丈夫!

スターバックスのマグカップ持参割引を初めて利用するときは、マグカップの容量をちゃんと覚えていきましょう。スタバの注文は・・メニューを選ぶ→サイズを選ぶ→カスタマイズする・・という流れになってます。スターバックスコーヒーの主な種類は7つですが、カウンターに向かって左側のボードにスターバックスコーヒーお店ごとの、レジ前に季節ごとのスターバックスコーヒーおすすめメニューがあるので慣れたらそこもチェックしましょう。メニューを選んだら次はサイズを決めます。小さい方からショート、トール、グランデ、ベンティとあり、アメリカ生まれのスターバックスコーヒーはショートでもふつうぐらいの量があるので気をつけて(グランデでショートの2倍になります)。そして最後は自分好みの一杯を作るカスタマイズ。これは<注文する時>と<受け取った後>にできるのとに分かれていて、さらに無料でできるのと有料のとがありますので注意してね。あとはベーグルやサンドイッチ、甘いペストリーやケーキなどフードメニューもいろいろあるので、お腹の空き具合や時間帯(朝食、3時のおやつ)に合わせてどうぞ。スターバックスのマグカップ持参割引を利用するために、できればマイタンブラーかマイマグカップを持参でね。スターバックスで買える「クリエイト ユア タンブラー」は、スターバックスオリジナルのタンブラーで、透明容器の隙間に入った"型紙"を交換できます。好きなイラストやお気に入りの写真、 ビーズなども入り、オリジナルタンブラーができちゃいます。

おいしいコーヒーセットなどの関連商品情報はこちら


spacer.gif
Copyright © 2008-2011 スターバックスのマグカップ持参割引
  • seo